2017年10月12日

ワイルド・スピード ICE BREAK

ワイルドスピード.pngワイルドスピード.pop.png

↑クリックで拡大します

誰よりも仲間を愛し大切にしてきたドミニク(ヴィン・ディーゼル)の裏切りにより、彼らの結束は崩れようとしていた。だが、彼の行動には謎のサイバーテロリスト(シャーリーズ・セロン)が関与していることがわかる。レティ(ミシェル・ロドリゲス)やローマン(タイリース・ギブソン)らはドミニクを取り戻すため、最大の敵デッカート・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と手を組むが……。

評価9点(MAX10)
(*'▽')オススメ!!
posted by 映画のソムリエ at 14:40| Comment(0) | わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

わたしはダニエル・ブレイク

わたしは、ダニエル・ブレイク.pngわたしは、ダニエル・ブレイク.pop.png

↑クリックで拡大します

59歳のダニエル(デイヴ・ジョーンズ)は、イギリス・ニューカッスルで大工の仕事に就いていたが、心臓の病でドクターストップがかかる。失職した彼は国の援助の手続きを進めようとするが、あまりにもややこしい制度を前に途方に暮れる。そんな中、ダニエルは二人の子供を持つシングルマザーのケイティと出会う。

評価10点(MAX10)
(;´Д`)ディープ。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

われらが背きし者

われらが背きし者.pngわれらが背きし者.pop.png

↑クリックで拡大します

イギリス人の大学教授ペリー(ユアン・マクレガー)とその妻ゲイル(ナオミ・ハリス)は、バカンスを楽しんでいたモロッコでロシアンマフィアのディマ(ステラン・スカルスガルド)と知り合う。やがて彼から、マフィア組織の資金洗浄をめぐる情報が入ったUSBメモリーをMI6に渡してほしいと頼まれる。ディマと彼の家族に危険が迫っているのを知って、ちゅうちょしながらも引き受けてしまう二人。だが、それを機にロシア、モロッコ、イギリス、フランスなどを股に掛けた戦いに身を投じることになり……。

評価7点(MAX10)
('ω')ノまぁまぁ。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

わたしに会うまでの1600キロ

watasiniaumadeno1.jpgwatasiniaumadeno.jpg

↑クリックで拡大します

砂漠と山道を徒歩で旅することにしたシェリル(リース・ウィザースプーン)。旅をスタートさせる少し前、シェリルは母の死を受け入れられず、薬と男に溺れる日々を送り、結婚生活は崩壊してしまう。シェリルは人生について思い直し、自分自身を取り戻そうと決意。こうして彼女は旅に出たが、寒さが厳しい雪山や極度の暑さが体力を奪っていく砂漠が彼女を苦しめ……。

評価 10点(MAX10)
(๑•̀ㅂ•́)و✧ オススメ!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

ワイルドスピード:スカイミッション

waisupisukai1.jpgwaisupisukai.jpg


ヴィン・ディーゼル演じるドミニクら、すご腕ドライバーにしてアウトローの面々が、東京、アブダビ、ロサンゼルスといった世界各地を舞台に壮大な戦いに挑む。メガホンを取るのは、「ソウ」シリーズなどに携ってきたジェームズ・ワン。オリジナルメンバーに加え、ジェイソン・ステイサム、カート・ラッセル、トニー・ジャーがシリーズに参戦

評価 10億点(MAX10)
キタヨキタヨヽ(゚∀゚=゚∀゚)ノ キチャッタヨ-!!!!!! これを観ずに死ねるか!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

ワレサ〜連帯の男〜

waresa1.jpgwaresa.jpg


ソ連邦を中心とする東欧の共産主義国家が倒れた東欧民主化から25年
その口火となったポーランドの独立自主管理労組「連帯」の闘いを
初代委員長ワレサと彼の家族の日々をとおして描く歴史大作

評価 7点(MAX10)
(`・ω・´)普通?
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする