2017年10月03日

22年目の告白 ―私が殺人犯です―

22年目の告白.png22年目の告白.pop.png

↑クリックで拡大します

阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、三つのルールに基づく5件の連続殺人事件が起こる。担当刑事の牧村航(伊藤英明)はもう少しで犯人を捕まえられそうだったものの、尊敬する上司を亡き者にされた上に犯人を取り逃してしまう。その後事件は解決することなく時効を迎えるが、ある日、曾根崎雅人(藤原竜也)と名乗る男が事件の内容をつづった手記「私が殺人犯です」を発表し……。

評価10点(MAX10)
(; ・`д・´)オススメです!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

ナイスガイズ!

ナイスガイズ.pngナイスガイズ.pop.png

↑クリックで拡大します

1970年代のロサンゼルス。シングルファーザーの私立探偵マーチ(ライアン・ゴズリング)は腕っ節の強い示談屋ヒーリー(ラッセル・クロウ)に無理やりコンビを組まされ、行方不明になった少女捜しを手伝うハメに。さらにマーチの13歳の娘ホリー(アンガーリー・ライス)も加わり捜査を進めていくが、簡単に終わるはずだったその仕事は、とある映画にまつわる連続不審死事件、さらには国家を揺るがす陰謀へとつながっていき……。

評価10点(MAX10)
(*^▽^*)オススメ!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

人魚姫

人魚姫.png人魚姫.pop.png

↑クリックで拡大します

青年実業家のリウ(ダン・チャオ)はリゾート開発のため、香港郊外の海辺にある美しい自然保護区を買収。しかし、そこには絶滅の危機にひんする人魚族が住んでいた。人魚族は、刺客として美しい人魚のシャンシャン(リン・ユン)を人間の女性に変装させて送り込む。ところがリウとシャンシャンは惹(ひ)かれ合い、やがて人魚族の存在が人間に知られてしまう。

評価9点(MAX10)
(`・ω・´)いい映画です。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

日本で一番悪い奴ら

日本で一番悪い奴ら.png日本で一番悪い奴ら.pop.png

↑クリックで拡大します

柔道で鍛えた力を買われて、北海道警察の刑事になった諸星要一(綾野剛)。裏社会に入り込んでS(スパイ)をつくれという、敏腕刑事・村井の助言に従い、Sを率いて「正義の味方、悪を絶つ」の信念のもと規格外の捜査に乗り出す。こうして危険な捜査を続けていった諸星だったが……。

評価9点(MAX10)
(; ・`д・´)ようやくレンタル解禁です!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

ネオン・デーモン

ネオンデーモン.pngネオンデーモン.pop.png

↑クリックで拡大します

16歳の美しい少女ジェシー(エル・ファニング)は、ジョージアの片田舎からロサンゼルスに出てきたばかり。彼女はインターネットで知り合いになったカメラマンを目指しているディーン(カール・グルスマン)が撮影してくれた写真を手に、モデル事務所に足を運ぶ。そしてオーナーのロバータ(クリスティナ・ヘンドリックス)は、彼女の才能を見抜き、即座に契約する。

評価8点(MAX10)
(*´ω`)『ドライヴ』を超えはしないかも…。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

何者

何者.png何者.pop.png

↑クリックで拡大します

就職活動の情報交換のため集まった大学生の拓人(佐藤健)、光太郎(菅田将暉)、瑞月(有村架純)、理香(二階堂ふみ)、隆良(岡田将生)。海外ボランティアの経験や業界の人脈などさまざまな手段を用いて、就活に臨んでいた。自分が何者かを模索する彼らはそれぞれの思いや悩みをSNSで発信するが、いつしか互いに嫌悪感や苛立ちを覚えるようになる。そしてついに内定を決めた人物が出てくると、抑えられていた嫉妬や本音が噴きだし……。

評価9点(MAX10)
(-_-)いろんな意味でツライ映画。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする