2017年03月21日

バイオハザード ザ・ファイナル

バイオハザードファイナル.jpgバイオハザードファイナル.pop.jpg

↑クリックで拡大します

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、レッドクイーンから48時間後に人類が滅びると告げられる。そして、宿敵アンブレラ社が放った膨大な数のアンデッドが地上を占領。アリスはラクーンシティに戻って、生還したクレアやコバルトらと合流し、アンブレラ社の心臓部であるハイブを潰そうとするが……。

評価8点(MAX10)
(;・∀・)一作目は越えられず。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄

ペイザゴースト.jpgペイザゴースト.pop.jpg

↑クリックで拡大します

大学で教えているマイク(ニコラス・ケイジ)は、7歳の息子にせがまれハロウィンの祭り見物に出掛けるが、息子は「霊(ゴースト)に償ってくれる?」と不思議な言葉を残しこつぜんと姿を消す。必死に息子を捜し続けるマイクは、毎年ハロウィンに子供たちが行方不明になり、誰も見つかっていないという事実を突き止める。翌年のハロウィンが迫る中、マイクの周辺で奇怪な現象が起き始め……。

評価9点(MAX10)
(*^^*)オススメ!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

FAKE(フェイク)

FAKE.jpgFAKE.pop.jpg

↑クリックで拡大します

2014年、聴覚障害を抱えながら「鬼武者」などのゲーム音楽や「交響曲第1番“HIROSHIMA”」といった作品により「現代のベートーベン」と呼ばれた佐村河内守が、実は耳は聞こえており、作品はゴーストライターの作曲だったと報道される。騒然とする状況で、自宅での撮影に応じた佐村河内は……。

評価10点(MAX10)
(@_@)スゴイ映画。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

彼岸島デラックス

彼岸島.jpg彼岸島.pop.jpg

↑クリックで拡大します

生還した者は皆無といわれる“彼岸島”。吸血鬼伝説が残るこの島で禁断の封印が解かれ、吸血鬼や邪鬼(おに)と呼ばれる巨大で異様な化け物が出現し、島民は危機的状況を迎えていた。そんな島に明(白石隼也)は、行方がわからなくなった兄の篤(鈴木亮平)を捜すために、仲間たちと向かう。明たちはレジスタンスと一緒に化け物とバトルを繰り広げ……。

評価5点(MAX10)
(@_@)ドラマを観てから観よう。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

ベン・ハー(2016)

ベンハー.jpgベンハー.pop.jpg

↑クリックで拡大します

ユダヤの豪族の息子、ベン・ハーの数奇な運命を通してローマの圧政とキリストの最期を描いた一大スペクタクル。些細な出来事から旧友メッサラの裏切りにあい、奴隷船送りとなったベン・ハーはそこで命を救ったローマの将軍の養子となる。束の間の安住の後再び故郷へ戻った彼は、別れた家族が獄中死したと聞かされ戦車競技に出場する事を決意する。そこではメッサラとの宿命の対決が待っていた。

評価7点(MAX10)
(;・∀・)良くも悪くも今風。
posted by 映画のソムリエ at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

ハドソン川の奇跡

ハドソン川の奇跡.jpgハドソン川の軌跡.pop.png

↑クリックで拡大します

2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。

評価10点(MAX10)
(; ・`д・´)観るべき映画!!
posted by 映画のソムリエ at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする