2017年05月02日

ブレア・ウィッチ

ブレアウィッチ.pngブレアウィッチ.pop.png

↑クリックで拡大します

アメリカのメリーランド州にあるブラック・ヒルズの森で、魔女をめぐるブレア・ウィッチの伝説を追うグループが消息を絶つ事件が発生。それから20年後、グループの一員だった姉の消息を確かめようとするジェームズ(ジェームズ・アレン・マキューン)は、カメラを持って友人のピーター(ブランドン・スコット)や映画学科で学ぶリサ(カリー・ヘルナンデス)とブラック・ヒルズの森に潜入することに。地元に暮らすレイン(ウェス・ロビンソン)らの案内で森に入る一行だが、思いも寄らない恐怖が待ち構えていた。

評価4点(MAX10)
(-_-)駄作。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

ブリジットジョーンズの日記.pngブリジットジョーンズの日記.pop.png

↑クリックで拡大します

恋に仕事に奮闘するブリジット(レニー・ゼルウィガー)もアラフォーとなり、テレビ局のやり手プロデューサーとして活躍していた。愛した男ダニエル(ヒュー・グラント)は事故で他界し、いまだに独身の彼女の前に、IT企業のイケメン社長ジャック(パトリック・デンプシー)が現れる。彼との恋が進展していく一方、ほかの女性と結婚したかつての恋人マーク(コリン・ファース)とも再会し、2人の男性の間で揺れ動くブリジットだったが……。

評価10点(MAX10)
!(^^)!おもしろい!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

ファンタスティックビーストと魔法使いの旅

ファンタスティックビーストと魔法使いの旅.jpgファンタスティックビーストと魔法使いの旅.pop.jpg

↑クリックで拡大します

魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、魔法動物の調査と保護のためニューヨークを訪問する。ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り違えられ、魔法動物たちが人間の世界に逃亡してしまう。街中がパニックに陥る中、ニュートはティナ(キャサリン・ウォーターストン)らと共に追跡を開始するが……。

評価10点(MAX10)
(;'∀')オススメ!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

HiGH&LOW(ハイアンドロー) THE MOVIE

ハイアンドロー.pngハイアンドロー.pop.png

↑クリックで拡大します

とある一帯を支配する最強のグループ「ムゲン」が「雨宮兄弟」と激しい抗争を繰り広げた後、ムゲンが解散し雨宮兄弟も姿を消す。その後、頭角を現した五つのチーム「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」の頭文字を取り街は「SWORD」地区といわれ、「G-SWORD」と呼ばれるグループが互いにしのぎを削っていた。そこへある男が帰ってきたことで、SWORD地区には不穏な空気が漂い始め……。

評価8点(MAX10)
(*'▽')いいじゃないか!!
posted by 映画のソムリエ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

PK ピーケイ

PK.pngPK.pop.png

↑クリックで拡大します

留学先のベルギーで恋に破れ、祖国インドのテレビ局に勤務するジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日黄色いヘルメットをかぶって大きなラジカセを持ち、さまざまな宗教の飾りを身に着け、チラシを配布する男(アーミル・カーン)と出会う。PKというその男は神様を探しているらしく、興味を持ったジャグーは彼を取材する。しかし、PKが語る話は途方もない内容で……。

評価10点(MAX10)
(*'▽')満点!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

バースデーカード

バースデーカード.pngバースデーカード.pop.png

↑クリックで拡大します

紀子が10歳のとき、自身の余命を悟った母・芳恵(宮崎あおい)は子供たちが20歳になるまで毎年手紙を送る約束をして亡くなる。生前の約束通り彼女のもとに届く母からのバースデーカードには、人生を輝かせるヒントなど内気な娘を思う母の愛情があふれていた。やがて紀子(橋本愛)が20歳を迎えた最後の手紙には、10年前に彼女が投げかけた質問への返事が記されており……。

評価8点(MAX10)
(´;ω;`)オロローン。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする