2017年11月15日

フィフティ・シェイズ・ダーカー

フィフティシェイズダーカー.jpgフィフティシェイズダーカー.pop.jpg

↑クリックで拡大します

恋愛初心者の女子大生だったアナスタシア(ダコタ・ジョンソン)は、大企業CEOのグレイ(ジェイミー・ドーナン)に恋するが、その倒錯した愛に応じることができずに彼の前から去っていく。その後、大学を卒業したアナは出版社で働き始め、グレイは別れた後に今まで誰にも抱いたことのないアナへの感情に気付くのだった。復縁を求める彼に、アナはある条件を提示する。

評価5点(MAX10)
(@_@)セクシーではある。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

パトリオット・デイ

パトリオットデイ.jpgパトリオットデイ.pop.jpg

↑クリックで拡大します

2013年4月15日。アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、ギャラリーの歓声を受けながら多くのランナーが疾走していた。そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。街がパニックに包まれる中、FBIは爆発をテロと断定。ボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、捜査の指揮を執る捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。やがて、黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび……。

評価9点(MAX10)
(; ・`д・´)ヘビー…。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

パイレーツオブカリビアン.jpgパイレーツオブカリビアン.pop.jpg

↑クリックで拡大します

ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)は、過去に伝説の海賊ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と旅をした父のウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)の呪われた運命を、何とかしたいと考えていた。そこで海にまつわる伝説を調査したところ、呪いを解くには伝説の秘宝“ポセイドンの槍”が必要なことがわかる。その後、英国軍の水兵になったヘンリーが船に乗っていたところ、“海の死神”サラザール(ハビエル・バルデム)の襲撃に遭い……。

評価10点(MAX10)
(; ・`д・´)気合入ってます!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

ハクソー・リッジ

ハクソーリッジ.jpgハクソーリッジ.pop.jpg

↑クリックで拡大します

第2次世界大戦中、デズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、人を殺してはいけないという信念を持ち、軍隊に入ってもその意思を変えようとしなかった。彼は、人の命を奪うことを禁ずる宗教の教えを守ろうとするが、最終的に軍法会議にかけられる。その後、妻(テリーサ・パーマー)と父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の尽力により、デズモンドは武器の携行なしに戦場に向かうことを許可され……。

評価10点(MAX10)
(; ・`д・´)こりゃあ必見!!
posted by 映画のソムリエ at 21:09| Comment(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

ひるなかの流星

ひるなかの流星.jpgひるなかの流星.pop.jpg

↑クリックで拡大します

田舎育ちの高校生・与謝野すずめ(永野芽郁)は、両親の転勤がきっかけで、東京の高校に転校する。面倒見のいいイケメン担任教師・獅子尾五月(三浦翔平)に、生まれて初めて恋心を抱く。獅子尾も彼女の真っすぐな性格に同じ思いを抱くが、自分の立場を考えるとなかなか素直になれなかった。一方、不愛想なクラスメートの馬村大輝(白濱亜嵐)は、すずめのことをうっとうしいと思うが、いつしか彼女に惹(ひ)かれていき……。

評価10点(MAX10)
(*'▽')良作です!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

ピーチガール

ピーチガール.pngピーチガール.pop.png

↑クリックで拡大します

以前は水泳部に所属していた高校生の安達もも(山本美月)は、日焼けした肌に赤い髪というギャルのような雰囲気が原因で、周囲から遊んでいると誤解されていた。おまけに、学校で屈指の人気を誇る岡安浬(伊野尾慧)とキスをしたといううわさまで流されてしまう。一方、ももが欲しいものを欲しがる友人の柏木沙絵(永野芽郁)は、ももが中学時代からずっととーじを好きだったことを知ると、さまざまな手段を駆使して横取りしようと画策し……。

評価7点(MAX10)
(*'▽')・・・。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする