2017年10月19日

キング・アーサー

キングアーサー.jpgキングアーサー.pop.jpg

↑クリックで拡大します

王の息子として生まれ、その跡を継ぐ者とされていたアーサー(チャーリー・ハナム)。だが、暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)によって父と母を殺され、スラム街へと追いやられてしまう。過酷な環境の中、アーサーは生き抜く知恵を身に付け、肉体を鍛える。やがて、無双の力をもたらすとされる聖剣エクスカリバーを手にする。仲間たちと共に圧政を敷くヴォーティガンを倒し、王座に就こうとするアーサーだったが……。

評価9点(MAX10)
٩(๑❛ᴗ❛๑)۶良作!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

午後8時の訪問者

午後8時の訪問者.png午後8時の訪問者.pop.png

↑クリックで拡大します

若い医師ジェニー(アデル・エネル)が診療時間を大幅に過ぎてから鳴らされたドアベルに応対しなかった翌日、近所で身元不明の少女の遺体が発見される。診療所の監視カメラにはその少女が助けを求める姿が映し出されていた。自分が診療しなかったせいで少女が死んだのではないかという思いにさいなまれるジェニーは、少女の生前の足取りを調べ始める。

評価7点(MAX10)
(@_@)難易度高い。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

キング・ホステージ

キング・ホステージ.pngキング・ホステージ.pop.png

↑クリックで拡大します

ミシシッピの裏社会を支配するエディ・キング(ニコラス・ケイジ)は、貧民街出身ながらも成功を収めたJ・P(エイドリアン・グレニアー)の兄マイキー(ジョナサン・シェック)を誘拐する。4日以内に身代金35万ドルを用意するよう指示されたJ・Pは、友人の刑事サル(ジョン・キューザック)に助けを求める。だが、マイキーがチンピラだったことから警察は狂言誘拐だろうと取り合わない。潜入捜査官ガス(リディア・ハル)の協力を得て解決に挑むJ・Pたちだったが……。

評価5点(MAX10)
(;・∀・)ちょっとツライ。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

この世界の片隅に

この世界の片隅に.pngこの世界の片隅に.pop.png

↑クリックで拡大します

1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。

評価10点(MAX10)
(;´Д`)素晴らし過ぎます。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

グレートウォール

グレートウォール.pngグレートウォール.pop.png

↑クリックで拡大します

世界を旅するウィリアム(マット・デイモン)ら二十数名の傭兵部隊は、シルクロードの中国国境付近で馬賊に攻撃された上に謎の獣に襲われる。生き残ったウィリアムとトバール(ペドロ・パスカル)は、禁軍が守る万里の長城にたどり着くものの降伏を余儀なくされる。戦略を担うワン(アンディ・ラウ)によって処刑を免れたのち、自分たちを襲った獣が饕餮(とうてつ)という怪物であり、万里の長城がその群れを都に入れないための防壁だと知るウィリアムとトバール。やがてすさまじい地響きと共に無数の獣が迫ってきた。

評価6点(MAX10)
(;´Д`)残念。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

彼らが本気で編むときは、

彼らが本気で編む時は.png彼らが本気で編む時は.pop.png

↑クリックで拡大します

母親が家を出てしまい置き去りにされた11歳のトモ(柿原りんか)が、おじのマキオ(桐谷健太)の家を訪ねると、彼は恋人リンコ(生田斗真)と生活していた。トランスジェンダーのリンコは、トモにおいしい手料理をふるまい優しく接する。母以上に自分に愛情を注ぎ、家庭の温もりを与えてくれるリンコに困惑するトモだったが……。

評価10点(MAX10)
(;´Д`)超オススメ!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする