2017年07月05日

モアナと伝説の海

モアナ.pngモアナ.pop.png

↑クリックで拡大します

誰よりも海を愛する少女モアナは島の外へ行くことを禁止されていたが、幼少時に海とある出会いを果たしたことで運命が決定する。モアナは愛する者たちの救済のため、命をつかさどる女神テ・フィティの盗まれた心を見つけ出して再び平和な世界を取り戻そうとする。未知の大海原へと向かったモアナは伝説の英雄マウイと出会い、冒険を共にする。

評価10点(MAX10)
(@_@)非の打ちどころナシ!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

マリアンヌ

マリアンヌ.pngマリアンヌ.pop.png

↑クリックで拡大します

1942年、極秘諜報(ちょうほう)員のマックス(ブラッド・ピット)とフランス軍レジスタンスのマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は、ドイツ大使暗殺という重大な任務のためカサブランカで出会う。二人は、敵の裏をかくため夫婦を装い任務の機会をうかがっていた。その後、ロンドンで再会し次第に惹(ひ)かれ合った二人は愛を育んでいくが、マリアンヌは愛するマックスにも打ち明けられない秘密を持っており……。

評価10点(MAX10)
(; ・`д・´)超オススメ!!

posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

Mr&Mrsスパイ

Mr&Mrsスパイ.pngMr&Mrsスパイ.pop.png

↑クリックで拡大します

郊外の住宅地で妻のカレンと子供たちとともに暮らすジェフの隣に、ティムとナタリーのジョーンズ夫妻が引っ越してくる。ジェフは夫妻を歓迎するが、カレンは近所のパーティーでのティムの挙動を不審に思い、あまりにもゴージャスでパーフェクトな彼らに疑念を抱く。偶然、ティムからの贈り物の中に盗聴器を見つけたジェフとカレンは、夫妻の留守中にジョーンズ宅に忍び込むが……。

評価8点(MAX10)
(;'∀')いいバランス!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

土竜の唄 香港狂騒曲

土竜の唄.jpg土竜の唄.pop.jpg

↑クリックで拡大します

犯罪組織・数寄矢会に潜り込んだ潜入捜査官モグラの菊川玲二(生田斗真)は、日浦組組長・日浦匡也(堤真一)と兄弟の契りを交わし、思いがけず日浦組若頭に就任。そのころ、容姿・頭脳・人望もピカイチの警官・兜真矢(瑛太)が警視庁組織犯罪対策部課長に就任し、玲二の逮捕に動き始める。一方玲二は、最終ターゲットの数寄矢会会長・轟周宝(岩城滉一)からチャイニーズマフィア仙骨竜の撲滅と、轟と娘のボディーガードを任され……。

評価10点(MAX10)
(; ・`д・´)いい出来です!!
posted by 映画のソムリエ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

マダム・フローレンス! 夢見るふたり

マダムフローレンス.pngマダムフローレンス.pop.png

↑クリックで拡大します

ニューヨーク社交界のトップとして華やかな毎日を送る一方、ソプラノ歌手を目指して活動しているフローレンス・フォスター・ジェンキンス(メリル・ストリープ)。しかし、その歌唱力は音痴というしかないレベルであった。夫シンクレア(ヒュー・グラント)は、マスコミを買収したり、理解者だけを集めた小規模なリサイタルを開いたりと、病を抱えながらも夢を追う彼女を支えていた。そんな中、フローレンスがカーネギーホールで歌いたいと言い始め……。

評価9点(MAX10)
(∩´∀`)∩メリルストリープはすごいなぁ。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

ミス・ペレグレンと奇妙なこどもたち

ミスペレグレンと奇妙なこどもたち.pngミスペレグレンと奇妙なこどもたち.pop.png

↑クリックで拡大します

少年ジェイクは、現実と幻想が交錯する中で、奇妙な子供たちが暮らす“ミス・ペレグリンの家”を見つけ出す。子供たちが不思議な能力を持ち、ひたすら同じ一日を繰り返す理由を知る一方で、彼らに忍び寄ろうとしている危険に気付くジェイク。さらに、ミス・ペレグリンの家へと導かれた理由と自身の役割を知る。やがて、真実が明らかになるとともに、子供たちに思わぬ変化が起こるが……。

評価7点(MAX10)
(/・ω・)/まぁまぁ。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする