2017年07月13日

アラビアの女王 愛と宿命の日々

アラビアの女王.pngアラビアの女王.pop.png

↑クリックで拡大します

イギリスの裕福な家庭に生まれ、オックスフォード大学を卒業したガートルード・ベル(ニコール・キッドマン)は上流階級の生活に別れを告げて、アラビアへと旅立つ。イラン、ヨルダン、シリアなどアラビア各地を旅してさまざまな部族と交流を重ね、砂漠に魅了される。アラビアの地に根付き情熱を傾けた彼女は、その後イラク建国に大きく関わっていく。

評価7点(MAX10)
(`・ω・´)なかなか!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック