2017年04月30日

華麗なるリベンジ

華麗なるリベンジ.png華麗なるリベンジ.pop.png

↑クリックで拡大します

ある乱闘事件で逮捕された男が尋問中に死亡し、担当検事のピョン・ジェウク(ファン・ジョンミン)は、身に覚えのない殺人容疑で逮捕される。懲役15年の刑が確定し服役することになった彼は、新たに入所してきた前科9犯の詐欺師ハン・チウォン(カン・ドンウォン)と出会う。チウォンが事件の鍵を握っていることに気付いたジェウクは、出所の約束と引き換えに協力を持ち掛ける。

評価10点(MAX10)
(;'∀')オススメ!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

いきなり先生になったボクが彼女に恋をした

いきなり先生になった僕が.pngいきなり先生になった僕が.pop.png

↑クリックで拡大します

恋人に捨てられ、沖縄出張中に会社が倒産してしまったヨンウン(イェソン)と、韓国語習得が必須の旅行会社に勤務するシングルマザーさくら(佐々木希)は韓国語学校で出会う。そこで先生をすることになった失意のヨンウンに、さくらは得意先の大物が来日するまでの期間個人レッスンを依頼。ヨンウンは小さな息子のために必死の彼女に共感し……。

評価8点(MAX10)
('ω')ノ なかなかいい。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

ローグワン.jpgローグワン.pop.jpg

↑クリックで拡大します

帝国軍の誇る究極兵器デス・スターによって、銀河は混乱と恐怖にさらされていた。窃盗、暴行、書類偽造などの悪事を重ねてきたジン(フェリシティ・ジョーンズ)は反乱軍に加わり、あるミッションを下される。それはデス・スターの設計図を奪うという、困難かつ無謀なものであった。彼女を筆頭に、キャシアン(ディエゴ・ルナ)、チアルート(ドニー・イェン)、ベイズ(チアン・ウェン)、ボーティー(リズ・アーメッド)といったメンバーで極秘部隊ローグ・ワンが結成され、ミッションが始動するが……。

評価10点(MAX10)
(∩´∀`)∩完璧!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

ミス・シェパードをお手本に

ミスシェパードをお手本に.pngミスシェパードをお手本に.pop.png

↑クリックで拡大します

ミス・シェパード(マギー・スミス)は、ロンドン北部カムデン・タウンの通りに黄色い車を停め、自由気ままな車上生活を送っていた。劇作家ベネット(アレックス・ジェニングス)は、路上駐車を注意される彼女の姿を目にしたことから自宅の駐車場に車を停めることを勧める。一時的に駐車させるつもりの彼だったが、シェパードは15年も居座り続ける。彼女の高圧的で予想のつかない言動に翻弄(ほんろう)されながらも不思議な絆を育む中、ベネットはフランス語が話せて音楽にも詳しい彼女に興味を覚えるが……。

評価9点(MAX10)
(/・ω・)/良作!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編

RANMARU.pngRANMARU.pop.png

↑クリックで拡大します

“絶対舌感”を持つ朝永蘭丸(向井理)は、口内細菌が気にならない女性との恋に破れてしまう。傷心旅行で訪れた鬼灯村で蘭丸に人工呼吸をした医者のりん(木村多江)の口内細菌に不快感を覚えなかったことから、村の温泉で働くことに。そこへ甕棺墓光(木村文乃)と宮沢寛治(佐藤二朗)が合流。しかし、次第に村が不穏な雰囲気になり、さらにりんの恋人といわれていた男の遺体が発見される。蘭丸は絶対舌感で村の秘密を暴こうとするが……。

評価9点(MAX10)
(*^▽^*)笑える
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

湯を沸かすほどの熱い愛

湯を沸かすほどの熱い愛.png湯を沸かすほどの熱い愛.pop.png

↑クリックで拡大します

1年前、あるじの一浩(オダギリジョー)が家を出て行って以来銭湯・幸の湯は閉まったままだったが、双葉(宮沢りえ)と安澄(杉咲花)母娘は二人で頑張ってきた。だがある日、いつも元気な双葉がパート先で急に倒れ、精密検査の結果末期ガンを告知される。気丈な彼女は残された時間を使い、生きているうちにやるべきことを着実にやり遂げようとする。

評価4点(MAX10)
(@_@)話題作ですが…。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする