2016年08月31日

裁かれるのは善人のみ

sabakarerunoha.jpgsabakarerunoha@.jpg

↑クリックで拡大します

ロシア北部の小さな町で、自動車修理工場を経営しているコーリャ。住み慣れた家で、妻リリア、先妻との息子ロマと生活していたが、市長のヴァディムが彼の土地を買収しようとする。権力を武器に自分の土地を容赦なく奪おうとするヴァディムに激しい怒りを覚えたコーリャは、モスクワから友人の弁護士ディーマを呼んで市長の悪事を暴露して徹底抗戦に挑む。やがて両者の攻防は激化し、思わぬ事態を引き起こす。

評価10点(MAX10)
(@_@)こりゃ賞とるわ。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

家族はつらいよ

kazokuhaturaiyo.jpgkazokuhaturaiyo@.jpg

↑クリックで拡大します

長男・幸之助(西村雅彦)の一家、次男・庄太(妻夫木聡)と3世代で同居をする平田家の主、周造(橋爪功)。妻・富子(吉行和子)の誕生日であることを忘れていたことに気付き、彼女に何か欲しいものはないかと尋ねてみると、何と離婚届を突き付けられる。思わぬ事態にぼうぜんとする中、金井家に嫁いだ長女・成子(中嶋朋子)が浪費癖のある夫・泰蔵(林家正蔵)と別れたいと泣きついてくる。追い掛けてきた成子の夫の言い訳を聞いていらついた周造は、思わず自分も離婚の危機にあることをぶちまけてしまう。

評価10点(MAX10)
(´∀`)面白いねぇ。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

はなちゃんのみそ汁

hanachannomisosiru.jpghanachannomisosiru@.jpg

↑クリックで拡大します

25歳という若さで乳がんと診断された安武千恵(広末涼子)は苦しい治療を乗り越え結婚、そして奇跡的に授かった娘はなのためにも元気に生きたいと願うが、ほどなくしてがんが再発。生き続けたいと願う一方、もし自分が死んでも娘が困らないように「自分で生きる力を遺(のこ)したい」と、4歳になった娘にみそ汁作りを教え始める。その5か月後、幼い娘と夫(滝藤賢一)を残して千恵は亡くなる。

評価10点(MAX10)
(*゚Д゚*)これはオススメ!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

のぞきめ

nozokime.jpgnozokime@.jpg

↑クリックで拡大します

テレビ局でアシスタントディレクターをしている三嶋彩乃(板野友美)は、ある青年の怪死事件を取材することに。異様な死に方をした青年の死を、彼の恋人は「“のぞきめ”の仕業だ」と発言。青年の大学のサークル仲間も山奥の合宿に行って以来、何者かにのぞかれているように感じており、のぞきめの悲劇が続いていた。そして、彩乃の身にものぞきめの恐怖が迫りくる。

評価6点(MAX10)
( °∀°)ダメだな。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

セーラー服と機関銃 ─卒業─

se-ra-hukuto.jpgse-ra-hukuto@.jpg

↑クリックで拡大します

組員が4人しかいない目高組の組長となり、機関銃を抱えて伯父を殺害した相手に殴り込みをかけたという過去を持つ高校3年生の星泉(橋本環奈)。目高組を解散した彼女は、シャッター商店街の一角でメダカカフェを営む店長として元組員の従業員と共に忙しい毎日を送っていた。そんな中、泉の友人が偽モデル詐欺の被害に遭ったことを知る。

評価7点(MAX10)
(*´ω`*)環奈ちゃんが可愛い映画。
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

チリ33人 希望の軌跡

chiri33.jpgchiri33@.jpg

↑クリックで拡大します

2010年8月5日、チリ。100年以上にわたって続いてきたサンホセ鉱山で、大規模な事故が発生する。食料と水の備蓄が3日分しかなかったことから、マリオ(アントニオ・バンデラス)をはじめとする生き埋めになった33人の作業員が生存している可能性は低いと思われていたが、事故から2週間以上のちに彼らの無事が判明。やがてゴルボルン鉱山大臣(ロドリゴ・サントロ)の指揮のもとで国際的救助チームが編成され、大規模なレスキュー作戦が進められていく。一方、地上から隔絶されてしまった彼らには、さまざまな問題が生じる。

評価7点(MAX10)
(;^ω^)もう映画化か。
posted by 映画のソムリエ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする