2016年05月31日

顔のないヒトラーたち

kaononaihitora-1.jpgkaononaihitora-.jpg

↑クリックで拡大します

1958年の西ドイツ・フランクフルト。第2次世界大戦の終結から10年以上が経過し、復興後の西ドイツではナチスドイツの行いについての認識が薄れていた。そんな中、アウシュビッツ強制収容所にいたナチスの親衛隊員が、規約に違反して教師をしていることがわかる。検察官のヨハン(アレクサンダー・フェーリング)らは、さまざまな圧力を受けながらも、アウシュビッツで起きたことを暴いていく。

評価10点(MAX10)
( ✧Д✧)これは観るべき!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

ヒトラー暗殺、13分の誤算

hitora-ansatu131.jpghitora-ansatu13.jpg

↑クリックで拡大します

1939年11月8日、ドイツ・ミュンヘンでナチス指導者のヒトラーの演説が行われた。演説を予定よりも早く終わらせ退場したヒトラーだったが、その直後、会場が爆破される。逮捕されたのは、ゲオルグ・エルザー(クリスティアン・フリーデル)という男だった。ゲシュタポは犯行の黒幕を吐かせようとエルザーを拷問にかけるが、彼は爆破装置の製作や設置を一人で行ったと告白する。

評価9点(MAX10)
('ω')オススメ!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

ディセンダント

dhisendanto1.jpgdhisendanto.jpg

↑クリックで拡大します

マレフィセントやイーヴィル・クイーンなどのヴィランズ(悪役)たちは魔法のバリアで覆われたロスト島に閉じ込められていた。『美女と野獣』のベルと野獣の息子が王位を継承するのをきっかけに、ヴィランズの子孫たちが王子たちの暮らす王国オラドンに呼び寄せられる。子孫たちはマレフィセントにフェアリー・ゴッド・マザーの魔法の杖を王国から盗むように命じられるのだが…。

評価8点(MAX10)
(@_@)一見の価値アリ!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

悪党に粛清を

akutounishukusei1.jpgakutounishukusei.jpg

↑クリックで拡大します

1864年、ジョン(マッツ・ミケルセン)と兄のピーター(ミカエル・パーシュブラント)は、祖国デンマークで兵士として勇敢に戦った。戦争に嫌悪感を抱いた彼らは新天地を求めアメリカ西部に移住し、ジョンは1871年にようやく妻と息子をアメリカに呼び寄せる。だが、駅での再会の喜びもつかの間、親子3人は帰りの駅馬車でならず者と同乗することになる。

評価9点(MAX10)
(;'∀')オススメ!!

posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

1001グラム ハカリしれない愛のこと

1001guramu1.jpg1001guramu.jpg

↑クリックで拡大します

ノルウェー国立計量研究所で働くマリエ(アーネ・ダール・トルプ)は、結婚生活は思い通りにいかず、単調な日々を過ごしていた。ある日、研究所の重鎮である父親が病気になってしまい、フランスで行われる国際セミナーに出席することに。ノルウェーのキログラム原器を抱え、パリを訪れたマリエはある男性と出会う。

評価10点(MAX10)
!(^^)!良作!!
posted by 映画のソムリエ at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

ターミナル 起終点駅

ta-minaruhouga1.jpgta-minaruhouga.jpg

↑クリックで拡大します

北海道旭川の地方裁判所判事だった鷲田(佐藤浩市)は、覚せい剤事件の被告となった昔の恋人・冴子(尾野真千子)と法廷で再会。東京に妻子を置いてきた身でありながら、関係をよみがえらせてしまう。だが、その半年後に彼女を失って深く傷つく。それから25年後、鷲田は判事を辞め、妻子と別れ、釧路で国選弁護専門の弁護士として孤独な日々を送っていた。そんな中、担当することになった事件の被告人・敦子(本田翼)と出会った彼は、彼女に冴子の面影を見る。一方の敦子も鷲田に心を許し……。

評価9点(MAX10)
(*ノωノ)オススメ!!
posted by 映画のソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする